交通事故後に肩こりがひどいという方へ

交通事故後に肩こりの症状が出たという方はむち打ち症の可能性があります。

交通事故で怪我をすると、整形外科など病院での治療が終わってからもいろいろな症状に悩まされることがあります。

こうした後遺症で有名なのがむち打ち症です。むち打ち症というのは一般的に言われる呼び名で、正式には頚椎捻挫や外傷性頚椎症候群、あるいは頚椎挫傷などという診断名です。

むち打ち症でよく知られているのは首などの痛みです。この痛みは、交通事故の瞬間に頚椎が大きくむちのように振られて骨格がずれ、同時に筋肉や靭帯も損傷したことで起こります。

こうした捻挫タイプのむち打ち症は一番多いのですが、むちうち症のタイプは痛み以外にもいろいろあります。

骨格がずれることで周辺の神経根を圧迫すると、痛みに加えて違和感やしびれが見られることがあります。この違和感は肩や背中にかけて起こることも多く、こうした神経根タイプのむち打ち症では辛い症状が広範囲に及びます。

さらに、ずれたり歪んだ骨格による神経根の圧迫がひどいと、血管を流れる血液の量にも影響することがあります。

神経根の圧迫が原因で頭部に向かう血液の量が少なくなってしまうと、首の痛みなどの症状に加えて頭痛や吐き気、耳鳴り、視力や聴力の低下、めまいといった重い症状がいろいろな形で現れます。このタイプのむち打ち症は、バレリュー症候群と言います。

交通事故からくる後遺症には事故に遭った直後よりも時間の経過とともに悪化するという特徴がありますので、痛み以外の症状だとなかなか気づきにくいこともありますが、以前にはなかった肩こりが交通事故後にひどくなったといったケースでは、交通事故からくるむち打ち症の一種である可能性が考えられます。

病院で診察を受けむち打ちと診断され、後遺障害と認定されたら慰謝料の請求ができます(詳しくはhttps://交通事故弁護士.topへ)

また、弁護士に依頼した場合、むち打ちでも数百万の賠償金を獲得することは珍しくありません。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ